main

logo_flower.png ブログ B L O G
2016/04/02

ストレスは悪者!?

ストレスは身体に良くない

ストレスは病気の元

ストレスで眠れない

 

などなど、「ストレス」のイメージって悪いものが多いですよね。

私もストレスってなんとなく良くないものと思っていました。

 

でも、ストレス自体は悪者ではありません。

悪者だという思い込みが悪いのです。

ということは、

ストレスは良いものだと思い込めばいいんですよね。

 

その良い例がアスリート。

試合や大会前のプッレシャーは「その場から逃げ出したい」程なのでは。

けれどもそのプッレシャーを力に変えられるのは、これまでの練習と過去の経験。

すなわち自信と成功イメージ。

「緊張するのはあたりまえ。自分にはできる」とポジティブに思い込むこと。

 

仕事上のストレスも自分の成長の糧とポジティブに思い込めたら力になるハズです。

 

uchiyui2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
心の対話室うちゆい

E-mail 556.uchiyui@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/04/01

人間関係 職場内の噂話し

新年度は人事異動がありますよね。

私のところは3月25日に移動・退職者の発表があり、28日にチーム分けがありました。

 

そんな中いろいろな噂が飛び交います。

あの人はどうだとかこうだとか。。。

こんなことに注意したほうが良いとか。。。

 

まったく余計なお世話だと言いたいところですが、私は必要な情報だけをいただいておいて後はスルーすることにしています。

 

例えば「Aさんはせっかちですぐにやらないと気が済まない人だから、一緒にやるのは大変だよ」という話。

複数の人がAさんは”せっかちだ”というのなら、Aさんにその傾向はあるのでしょう。そこは情報としてインプットしておきます。

でも”一緒にやるのが大変”かどうかは人によって感じ方が違うのでスルー。

 

私自身は先入観を持たないことにしています。

先入観を持って人と接すると、その人のいいところが見えてこないからです。

前出のAさんにもパートナーがいます。

AさんのパートナーはAさんのどこに魅かれたのか。

どんな良いところを知っているのか。

そんなふうにAさんを見ていると確かにせっかちだけど計画的で、期日に余裕を持って終わらせることが出来るなどたくさんの良いところが見えてきます。

 

uchiyui2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
心の対話室うちゆい

E-mail 556.uchiyui@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/30

恨んでいます

「いじめたことを覚えていない彼らを、何もしてくれなかった先生や学校を、何よりもいじめに対し無関心な社会を恨んでいます」

 

ある日掛かってきた電話でそう話した40~50代と思しき男性。

子供のころにいじめられたことが原因で今でも精神薬を飲み、これまでに様々なセラピーを受けてきました。

外国でドルフィン・セラピーも体験したけれど心の傷は癒されていないそうです。

数年前に同窓会があり、いじめた人たちに勇気を出して話をしたところ「そんなことあったっけ?本当ならごめんな」と軽く言われたそうです。

 

男性は、きっと彼らもいじめのことを覚えていて、そのことで心を痛めていると思っていたのにまるきり覚えていない。

自分の話が作り話であるかのように「本当なら」と言う。

そしてその後も同窓会を楽しんでいる彼らを見て、なぜ自分だけがこんなに苦しい思いをしなくてはいけないのか。

自分は何年も忘れられずに苦しんでいるのに、どうして彼らは自分のしたことを忘れて生きているのか。

 

そう考えるとやりきれない

それもこれもいじめを放っている社会が悪い

自分は絶対に許さない。恨み続けます。

 

一気にそう話すと電話が切られました。

 

その後彼から電話が掛かってくることはありません。

今でも許さないことに苦しみながら、彼らを社会を恨みながら暮らしているのでしょうか。

 

uchiyui2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
心の対話室うちゆい

E-mail 556.uchiyui@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/26

心のバランスを取るには

心はシーソーのようにバランスを取っています。

そしてそのシーソーの支点となるものが理性です。

 

心のバランスを取るのに一番簡単なのは

「したい」と「するべき」が同じときです。

スポーツ選手やアーティストがその例です。

好きなスポーツや音楽などに励んでプロになる。そのための努力は苦にならない。

好きなことの勉強や練習はつらい時があっても基本的に楽しいですよね.

けれど、プロになったときから「したいこと」が「しなくてはならないこと」に変わり苦しむ人もいます。

 

心のバランスを取るには

心のシーソーがどちらか一方に傾いたままにならないように、上手に自分をコントロールすることが大切です。

 

uchiyui2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
心の対話室うちゆい

E-mail 556.uchiyui@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2016/03/25

心のバランスを取っているもの

前回、心のバランスを崩すということについて書きました。

心はシーソーのようにバランスを取っている。

 

ではそのバランスを取っているもの(シーソーの支点)とはなにか。

それは理性です。

 

最近仕事を頑張っているから、旅行でもしよう

ゲームを先にやったら勉強もちゃんとやろう

というように「やりたいこと」と「するべきこと」の心の占有率をみながらどちらかに傾き過ぎないようにしているのです。

 

心のバランスが崩れてしまうのは理性が働いていないからです。

 

  1. uchiyui2

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
心の対話室うちゆい

E-mail 556.uchiyui@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

心を癒すカウンセリングで人気の心の対話室 うちゆいのブログで癒されてください

柏にある心の対話室 うちゆいでは認定心理カウンセラーがブログを更新しております。イベントのご案内はもちろん、日々の皆様の心の健康にお役立ていただけるお話をさせていただいておりますので、心の悩みを抱えている方も、ホッと一息つきたい方もぜひご覧になって下さい。
心の対話室 うちゆいでは個別の心理カウンセリングのほか、ご相談のほか占いなども楽しみながらストレスを解消し、心の癒しを得るイベントも開催しております。ブログでもイベントのご案内をしておりますので、ご興味ある方はぜひお気軽にお申し込みください。
ブログでは心理カウンセラーの日常のエピソードを通じて、心安らぐお話や心を癒すコツなどをご伝授しております。お悩みのある方は、柏にある心の対話室 うちゆいへお気軽にご相談ください。